日之出紙器工業株式会社

ホーム > 日之出紙器について > 環境への取り組み

環境への取り組み

人と地球の調和をめざして

人と地球の調和を
めざして

日之出紙器工業株式会社は環境負荷の低減をめざし、
段ボールのリサイクルをはじめ、ISO14001の取り組みを行っています。

リサイクル

  • 地球にやさしい企業へ
    段ボールはリサイクルの優等生

    段ボールの主原料である原紙は、木材資源=天然資源をベースにつくられています。しかも、段ボール原紙はいったん使われた段ボールを古紙として再利用し、段ボールの材料として数回使われるため、リサイクルの優等生といえます。
    段ボールは波型に成型した中芯と呼ばれる原紙に糊をつけ、裏・表ライナーと貼り合わせをするときの糊もコンスターチ(とうもろこしが材料)を用います。
    すなわち、段ボールは天然素材からできているため、本質的に地球にやさしい「産業資材」です。
    また、波型のハニカム構造をとっているので、強度も強く、軽いため、包装資材として広く使われます。

ISO14001

日之出紙器工業株式会社は、ISO14001を取得し、
環境方針に基づき環境負荷低減のために取り組んでおります。

基本理念

日之出紙器工業株式会社は、パルプ資源のリサイクルに長年深く関わってきた立場から、
今後とも限りある地球の全ての資源を有効に使い、地球環境の保全に配慮した経営の実践と、
社会の発展・人々の生活の向上との調和を図ってゆくことに継続的に取り組む

基本方針

1.環境関連法及びその他の要求事項の順守
環境に関わる法規・条例・協定及びその他の要求事項を順守することに努め、
自主的な環境保全活動についても積極的に取り組み継続的な改善を図り汚染の予防に努める。
2.省資源・省エネルギーの推進
先進技術を積極的に取り入れ、資源・エネルギーの有効利用と節約に努める。
3.廃棄物の適正処置と最終処分量の低減
環境に配慮した適正な廃棄物処理を行い、廃棄物の発生・抑制・再資源化に努め、最終処分量を低減する。
4.ライフサイクルを考慮した製品の研究・開発と供給
商品の供給者としてライフサイクルを考慮した製品の研究・開発及び設計に努め、環境配慮製品を提案・推進する。
5.環境に配慮した資材の調達と生産活動の推進
資源の消費者として環境に配慮した資材の調達に努めるとともに、生産活動による環境負荷を積極的に低減する。
6.広報、啓発、社会活動の促進
全社員の環境意識の向上を目的とした広報、啓発を行うとともに、地域や社会の環境保全活動への参加・協力も行う。
この環境方針は地域や社会の環境保全の為、一般の人に開示する。

2003年11月1日制定
2016年10月1日改訂
代表取締役社長 塩﨑 巖